English Page
ホームページ タイトル 本文へジャンプ
■リンク
すごい自然のショールーム
環境政策技術マネジメントコース
東北大環境科学研究科
ものづくり生命文明機構
ネイチャーテクノロジー研究会

東北大学



私たちは自然の凄さを賢く活かす研究を通して
「新しいものつくりやくらしのかたち」を
提案したいと思っています
 
          
what's new
  (4月3日更新) 


NEW <最終回>みなさま、長い間、ありがとうございました!!

   石田秀輝先生は3月末をもちまして
東北大学大学院環境科学研究科の教授を退任しました。
つきましては、この石田研ホームページもこれが最後の更新となり、今後は閉鎖します。
今までたくさんのみなさまにご覧頂きましたことを、ここに深く御礼申し上げます。

4月以降、石田先生は鹿児島県 奄美群島 沖永良部島を拠点に
「間抜けの研究」を本格的に開始します。
※「間抜けの研究」については下記URLのコラム116-118を参照

  SEMSaTコラム http://www.semsat.jp/column01/


これからも石田先生の笑いあり、涙ありの日常生活や活動、感じたことや考えたことを
みなさまに発信させていただきます。
これからも、引き続き、石田先生の研究を応援して下さい!!

また、関連するホームページや石田先生のブログについては以下のとおりです。

・コラムやブログは http://ameblo.jp/emileishida/でご覧になれます。
・「すごい自然のショールーム」 http://nature-sr.com/は引き続き継続致します。

今まで、本当にありがとうございました!
また、いつか、どこかで、お逢いしましょう!



   石田先生の講演映像が動画サイトで公開中!

    先月、1月28日に仙台国際センターで開催された
「東北大学イノベーションフェア2014」で、
石田先生は特別講演会で講師登壇致しました。

講演タイトル
「ものつくりと暮らし方の潮流を創る ― ネイチャー・テクノロジー ―」


その時の様子が下記の動画サイト、インターネットTVで公開中です。
是非、ご覧ください。

  →CAT-VNetTV
   →Cue→TV

 東北復興次世代エネルギー研究開発プロジェクト 特別講演会
― 環境・エネルギー・未来 ―

日時:2014/03/12(水)10:00-16:35
会場:東北福祉大学 けやきホール


     本講演会では、東北の復興支援と次世代エネルギーを活用した
まちづくり等において活躍している諸先生をお招きし、
経験と叡知を交流させ、皆様の復興への取組みの理解と
継続的な支援の促進を図りたいと存じます。
そして、復興・再生への夢と希望のあるまちづくりを目指して、
皆様と共に考える場にしたいと願っております。

16:00~石田先生の講演
「人と地球を考えたあたらしい暮らし方のか・た・ち」もあります。

くわしくはこちら
  →http://net-tohoku.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2014/01/A4_Leaflet_0312.pdf


 【緊急告知】第2回
「2030年の『心豊かな』ライフスタイルコンテスト」開催


     石田先生が審査委員長をつとめる
「2030年の『心豊かな』ライフスタイルコンテスト」が今年も開催されます。
第1回コンテストでは、376件の応募から優秀11作品・12名を表彰され、
ライフスタイルを支援する5社からのご協賛など、
大反響を受けて、第2回の開催が決定しました。

開催情報・応募方法はこちら
  →http://www.cho-monodzukuri.jp/event/2013/12/post-2.html


 1/28(火)開催「東北大学イノベーションフェア」
石田先生が講演を行います


     石田先生が1/28(火)仙台国際センター3階「白橿」
14:00~15:30の特別講演で登壇致します。
また、10:30~17:00の間、同フェアで石田研究室のブースも出展致します。
皆さまのお越しをお待ち致しております

「東北大学イノベーションフェア」
  →http://www.rpip.tohoku.ac.jp/inv2014/index.html

●開催概要

日時:2014年1月28日(火) 10:30~17:00

会場:仙台国際センター
内容:震災復興に関わる特別展示と、12分野(ナノテク・材料、医療機器、
  環境、情報通信、アグリ、社会基盤ほか)のブース展示、
特別講演、デモ、プレゼンテーション、相談ブース

入場:参加無料・申込み不要(ただし、相談ブースのみ要予約)

主催:東北大学

共催:(公財)みやぎ産業振興機構、(一社)みやぎ工業会

後援:東北経済産業局、宮城県、仙台市、(独)科学技術振興機構、
(独)産業技術総合研究所(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、
(一社)東北経済連合会、(株)七十七銀行、(株)河北新報社、
(株)東北テクノアーチ、(株)インテリジェント・コスモス研究機構

問合せ:東北大学イノベーションフェア事務局(産学連携推進本部)
〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
TEL:022-217-6043    FAX:022-217-6047
E-mail:g-soudan@rpip.tohoku.ac.jp



     東北大学大学院環境科学研究科 第32回環境フォーラム
     第1回『人と自然を考えるシンポジウム』を開催いたします



大変に遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
2014年も東北大学環境科学研究科石田研究室をよろしくお願いいたします。
まだまだ寒い日が続きますので、どうぞ御身ご自愛下さい。

【開催概要】

*日 時 2014228日(金)13301645

*会 場 東北大学 片平キャンパス 北門会館2階「エスパス」

      宮城県仙台市青葉区片平2-1-1 旧北門食堂跡

*参加費 無料 (事前申込制)

*申込方法 以下のURLから申込フォームに必要事項をご記入し送信下さい。

   URLhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/4c6abc6e278096

 

【プログラム】司会:古川柳蔵 東北大学 准教授

13:30~ ◆基調講演1 下村政嗣氏  東北大学 教授

          「バイオミメティクス:その現代的意義」

14:10~ ◆基調講演2 丹治富美子氏 詩人・脚本家

     「三千年の未来へのメッセージ~オペラみづち~」

14:50~ ◆基調講演3 石田秀輝氏  東北大学 教授

     「人と自然を考えるものつくりと暮らし方のか・た・ちとは?~間抜けのビジネス考~」

15:30~  休憩 (15分)

15:45~ ◆パネルディスカッション

      ・ファシリテータ 涌井史郎氏 

岐阜県立森林文化アカデミー学長・造園家・ランドスケープアーキテクト・

      東京都市大学教授

      ・パネラー 下村政嗣氏、丹治富美子氏、石田秀輝氏

16:45  終了 

       

*主催   東北大学大学院環境科学研究科

*共催  ネイチャー・テクノロジー研究会

    H24年度科研費新学術領域研究(研究領域提案型)

    生物多様性を規範とする革新的材料技術

*協賛   高分子学会バイオミメティクス研究会

 

【開催事務局 

東北大学大学院環境科学研究科 石田研究室SEMSaT事務局

TEL022-795-7377      

E-Mailkonno@mail.kankyo.tohoku.ac.jp



   「生物多様性日本アワード」の海外向け特集番組が放映されます

     東北大学大学院環境科学研究科が2013年「第3回生物多様性日本アワード」
を受賞しましたが、受賞団体を特集した海外向け放送番組がNHK国際放送から
下記のとおり、放映されます。

尚、日本から全世界への同時放送波となりますので、
各国放送時間は、「日本時間」 に各国の時差を加えて下さい。
海外でのTV視聴が可能な方がいましたら、
是非、番組情報をお知らせ下されば幸いです。

★「生物多様性日本アワード特番」放送予定

【海外向け放送】
 タイトル
「Wisdom from Nature~The Japan Awards for Biodiversity 2013~」

■放送局:NHK WORLD

■放送日:2013年12月20日(金)【日本時間】

番組は、「NHK World TV」の放送波で、全世界約140の国と地域
(可視聴世帯数:1億8280万世帯)に 届けられます。

各国の視聴方法については、以下のリンクよりご確認下さい
(※日本国内でのテレビ 放送は行っておりません。):

  →http://www.jibtv.com/howtowatch/index.html


■放送時間(日本時間)合計6回放送/1日:
12月20日(金):09時30分~、13時30分~、17時30分~、21時30分~
12月21日(土):01時30分~、05時30分~

また、JIBウェブサイトにて、インターネットでの同時ストリーミング放送も
行っております。 ※日本国内からの視聴は出来ません。

 →http://www.jibtv.com


また、下記のとおり、国内での日本語版放送も予定されています。

【国内放送】

■放送局:BS-TBS

■放送日:2014年2月22日 (土)

■番組名「(未定)」

■放送枠: 13:00~13:30

  
   ライフスタイルデザイン手法が『未来デザイン賞』を受賞しました!

ライフスタイルデザイン手法がグッドデザイン賞の『未来デザイン賞』を受賞しました!

 

グッドデザイン・未来づくりデザイン賞は、2013年度から新たに設けられた賞で、来るべき

社会の礎を築くと認められるデザインに対して贈られます。

 

2013年グッドデザイン賞 『未来デザイン賞』

http://www.g-mark.org/award/describe/40422

 

グッドデザイン・ベスト100にも選出されました。

http://www.g-mark.org/award/describe/40422




    ライフスタイルデザイン手法がグッドデザイン賞を受賞します!

     ネイチャー・テクノロジー研究の一環として進めてきた、ライフスタイルデザイン
   手法の一つ90歳ヒアリングが2013年グッドデザイン賞を授賞することが決まりました。
     →詳しくはこちら

    グッドデザイン・ベスト100にも選出されました。
     →詳しくはこちら


  「第3回 生物多様性日本アワード」を受賞しました

     第3回 生物多様性日本アワードをネイチャーテクノロジー研究会/東北大学大学院
   環境科学研究科が受賞しました。
   テクノロジーと生物多様性が対立するものではないことを認めて頂き
   嬉しく思っています。

   今回の受賞は4件、
    ・太平洋沿岸カツオ標識放流共同調査と一連の協働・普及啓発活動
              :味の素株式会社、
    ・津波に被災した田んぼの生態系復元力による復興
              :特定非営利活動法人 田んぼ、
    ・「竹紙(たけがみ)」の取り組み
              :中越パルプ工業株式会社、
    ・ネイチャー・テクノロジー創出のシステム構築
              :ネイチャー・テクノロジー研究会(東北大学大学院環境科学研究科)

  授賞式は10月29日 13:30より 国際連合大学ウ・タント国際会議場で開催されます。
   →詳しくはこちら


          絵本 『それはエコまちがい?』 出版のおしらせ

          


                

   
   8月1日に新しい絵本が出ます!!

   音楽家の坂本龍一さん、宗教学者の山折哲雄さん御推薦の書籍です。

   震災以降、地球環境のことを考えながら、ワクワクドキドキ暮らす法をみんなで考え、

   小さな6冊の冊子を出してきました。

   総計12万部を印刷し、多くの方に読んで頂きましたが、
   そのエッセンスを再度まとめ直し、読みやすい絵本のようにまとめたものです。
   8月1日発売 1000円です。
 



           2回サイエンスカフェ 

      「あたらしい『ものつくり』と『暮らし方』の潮流を創る」

         ―バイオミメティクスの世界

       テーマに少しでも興味がございましたら、お気軽にご参加ください。

          日時:2013年7月26日()19002030

         会場:文部科学省情報ひろばラウンジ(旧庁舎1

         参加費:無料
         定員:30名


    私たちは平気でゴミを出すのに、自然はごみを出しません。

   それは、豊かさや効率をはかる物差しが違うからです。

   自然は、ほぼ太陽のエネルギーだけで持続的な社会を創っています。

   厳しい環境制約の中でわくわくドキドキする、豊かな暮らしをつくるには、

   今こそ自然から多くのことを学ぶべきである、ということを

   東日本大震災を通して知りました。

   先進国の中でも、唯一自然観を持ち続けている日本だけが、

   これからの世代を先導していけるのではないでしょうか?


   講師  石田秀輝 東北大学 環境科学研究科 教授

   ファシリテーター  岡田益男 日本学術会議会員、八戸工業高等専門学校校長

   主催:日本学術会議、文部科学省


  

            「第4回沖永良部島シンポジウム」 
         - さすていなぶる・あいらんど を目指して - 
         『心豊かな暮らしかたのか・た・ち を考える』

       日時:201382()14001700
        会場:おきのえらぶフローラルホテル 知名町フローラル館



    碧い海に囲まれた珊瑚の島「沖永良部島」、そこでは時間もゆったりと流れ、
  第1回シンポジウムでは「忘れて いた日本がここにあった!」と本土からの参加者は
  感動しました。一方では、海や地下水や大山の緑・・・そして人とのかかわりを含め、
  毎年進んで行く島の環 境劣化に関わる危機感もその輪郭が見えてきました。

    今、あらためて考えたいと思うのです。地球環境のことを、多くの恵みを
 与えてきてくれた島の自然のことを 考えながら、この島で心豊かに暮らすということを・・・・ 
 それは決して昔に戻るということではないと思うのです。
 昔に学び、おしゃれに暮らすということ かもしれません。そうすることによって、
 あたらしい仕事が生まれ、あたらしい笑顔が生まれ、あたらしい人の輪が
 生まれてほしいと思うのです。
 
    今回のシンポジウムでは、そんなきっかけを皆さんと探したいと考えています。

    詳しくはこちら1
    
詳しくはこちら2
     (PDFファイルが開きます)

   プログラム(予定)

     開会挨拶:朝戸武勝(瀬利覚字地域創造委員会「ファングル塾」代表)

     来賓挨拶:平安正盛(知名町長)

     講演1:『心豊かな暮らしかたのか・た・ち』
        石田秀輝 東北大学 環境科学研究科 教授

     講演2: 90歳ヒアリングが教えてくれる、沖永良部に伝わる暮らし方とこころ』
        古川柳蔵 東北大学 環境科学研究科 准教授

     講演3: 『瀬利覚字地域創造委員会「ファングル塾」について』
        朝戸武勝 瀬利覚字地域創造委員会「ファングル塾」代表 

       パネル討論会:「この島で心豊かに暮らすということ」
      ファシリテーター:石田秀輝
      パネリスト:
      古川柳蔵(東北大学 環境科学研究科 准教授)
      新納忠人(えらぶ郷土研究会副会長・沖永良部島植物愛好会長)
      川瀬泰人(日本リファイン)
      木村晴信(大日本印刷)



   主催:NPO法人サステイナブルソリューションズ、東北大学大学院環境科学研究科
   協催:知名町・和泊町(予定)、ネイチャー・テクノロジー研究会、地球村研究室
   
   お問合せ先:東北大学環境科学研究科石田研究室 金野
           TEL:022-795-7377 e-mail:konnno@mail.kankyo.tohoku.ac.jp   


          
   【開催中!】熊谷 毅 写真展
            「SMALL WILDLIFE -小さな野性-」

    東北大学にお勤めの熊谷毅さんの写真展を石田研究室(工学部共同棟6階 )にて
  開催中です。今まで発表された作品の中から数点おかりしました。
  東北大学の植物園で撮影されたものがほとんどで
  昆虫たちの息遣いが聞こえてくるような素晴らしい写真たちです。
  是非、足をお運び頂き、ご覧になってください!
 
               

 



      「ネイチャー・テクノロジー研究会シンポジウム&
       ライフスタイルコンテスト表彰式」のおしらせ

         
    
   日時 2013年7月1日(月) 14:00(開会は14:30)~17:20
        会場  DNP市谷田町ビル2階イベントスペース
       
     (新宿区市谷田町1-14-1)
        主催 モノづくり日本会議
        共催 日刊工業新聞社、大日本印刷
        入場無料 事前予約制

    ネイチャー・テクノロジー研究会シンポジウムが開催されます。
  今回は「心豊かなライフスタイルと新しいモノづくり」をテーマにして、
  講演・パネルディスカッションが行われます。
  先日行われたライフスタイルコンテストの表彰式では石田の総評もございます。


       【エネシフみやぎ】宮城でも自然エネルギーやっぺし!
           「パワー・トゥ・ザ・ピープル」上映会
         ~グローバルからローカルへ
          「大きな社会」から顔の見える「小さな社会」へ~
         
    
   日時 2013年6月29日(土) 14:00~16:15
        会場 仙台市戦災復興記念館 4階研修室
           (仙台市青葉区大町2-12-1/地下鉄広瀬通駅から徒歩10分)
    プログラム ・映画「パワー・トゥ・ザ・ピープル 
                ~グローバルからローカルへ」上映
            ・「パネルディスカッション」
            自然エネルギーに関するヨーロッパと日本の状況の解説
            宮城で自然エネルギーに取り組む方々のお話
      参加費 (大人) 1000円, (学生) 500円  (資料・会場代)
            中学生以下は無料です
     参加人数 先着60名(要予約)
     参加方法 下記リンク先の下部のフォームより
            事前申し込みをお願いいたします
            上映会の概要
     お問合せ エネシフみやぎ事務局 eneshif.miyagi@gmail.com
 

    デンマーク・サムソ島など、信頼をベースにした地域自立型の社会や
  分散型経済社会への移行を描いた明るいビジョンに満ち溢れた
  ドキュメンタリー映画です。

  上映後、宮城で実際に自然エネルギーの導入を始めた方々にお話を伺いながら、
  市民がエネルギーを自分の手に取り戻すことの意義を考えます。

  キーワードは、「グローバルからローカルへ」「地域でつくる自然エネルギー」
  ぜひご参加ください!
    【エネシフみやぎについて】→詳しくはこちら


         第15回SEMSaTセミナー(東京)開催のおしらせ
         
    
   日時 2013年7月2日(火) 18:30~20:30
        会場 求道会館(東京都文京区本郷6丁目20-5)
       ゲスト 中井 徳太郎さん(環境省大臣官房会計課長)
      参加費 無料

    東北大学大学院環境科学研究科の環境政策マネジメントコース(SEMSaT)では
  持続可能な社会つくりの一線で活躍されている方々を毎回ゲストにお迎えして、
  石田教授との対談型セミナーを開催致します。
  今回のテーマは
  「低炭素・循環・自然共生を同時に実現する環境・生命文明社会の創造に向けて」です。
  是非ご参加ください。
  ※参加には事前の申し込みが必要となります。定員が限られておりますので
   お申込はお早めにお願い致します。詳細は以下のリンク先をご覧ください。
    →詳しくはこちら


       
「復興 住まいの夢博2013」にブース出展しました


     ゴールデンウィーク期間の4/27(土)~4/29(月)に夢メッセ宮城で
   開催された積水ハウス主催「復興 住まいの夢博2013」に石田研究室が
   ブースを出展しました。ご家族連れなど、多くの来場者の皆さまに
   「ネイチャーテクノロジー」をご紹介することができました。


 

       「自然界はテクノロジーの宝庫」発刊のお知らせ

                 

    「自然界はテクノロジーの宝庫~未来の生活はネイチャー・テクノロジーに
    おまかせ!」が技術評論社から発刊されました。
    地球の環境や資源には限りがあります。現在のペースでエネルギーを使って
    いくと、行き詰まっていくことは間違いありません。ではどうすればよいのか?
    縄文時代に戻れば問題解決! ですが、そんなことしたくありません。今まで通り
    の豊かさを享受しながら、地球を破綻させないにはどうすればよい?
    問題解決のカギは、“自然の中"にあるかも。数十億年にわたって培われた自然
    の英知。それを上手く技術に応用すれば、今まで通りに暮らせていけそう。
    産業界が注目する「ネイチャーテクノロジー」、その発想力のプロセスと技術に
    ついてふれてみよう。
    



      「すごい自然図鑑」が、「生物多様性の本箱」
      ~みんながいきものとつながる100冊~に選定されました
         


    この度、石田が監修しました「すごい自然図鑑」が
   ”国連生物多様性の10年日本委員会”(UNDB-J)でおこなわれた
   「生物多様性の本箱」
~みんなが生きものとつながる100冊~に
   選定されました。No.93に紹介されております
    →詳しくはこちら 
   

          
ライフタイルコンテストのお知らせ


     17年後の2030年にはどんな時代になり、人々はどんな生活を送っていると
   思いますか。2030年はエネルギー、水、食料など生活に必要なものが
   手に入れにくくなり、現在のような生活ができなくなるかもしれません。
   そんな場面でも心豊かに暮らせるライフスタイルを考えてみませんか?
   ステキなアイディアには賞金もございます。みなさんの応募お待ちしております!
   →詳しくはこちら


    
モノづくり体感スタジアム ~明日よりちょっと先のモノづくり~
    
    
   日時 2013年3月9日(土) 11:00~17:00
                3月10日(日)10:00~17:00
        会場 慶應義塾大学 日吉キャンパス
        主催 モノづくり日本会議

    「モノづくり体感スタジアム」はモノづくりや理科、科学の楽しさを子供たちに
   伝えるプログラムやワークショップを一堂に集めたイベントで今年で4回目の
   開催となります。子供たちにモノづくりの魅力を感じてもらうと同時に、創造力や
   表現力などの力を養うコンセプトの下開催されるイベントです。
   ネイチャーテクノロジーに関するワークショップもございますので、
   興味のある方はぜひ足をお運びください。
    →詳しくはこちら



        
       公開講演会のお知らせ
         「生物模倣技術がもたらす技術革新と博物館の役割」
    
    
   日時 2013年3月16日(土) 13:00~17:00
        会場 お台場 日本科学未来館 7階 イノベーションホール
        主催 JST CREST、JST ERATO、
            科学研究費「生物規範工学」、日本科学未来館
        協賛 高分子学会バイオミメティクス研究会、
            ネイチャーテクノロジー研究会、アスクネイチャー・ジャパン
      参加費 無料

    持続可能な社会を実現するためのバイオミメティクスにとって生物多様性は
   その知識基盤となります。日本人の自然観がもたらす技術革新とライフスタイルを
   考える機会をお持ちいただき、そして皆様に最新の研究成果をご報告し、ご助言、
   ご意見いただきたいと思います。興味のある方は公開講演会へぜひご参加
   いただきますようお願い申し上げます。
    →開催案内 (PDFファイルが開きます)
    →プログラム (PDFファイルが開きます)
    →ポスター (PDFファイルが開きます)


       
ネイチャーテクノロジー研究会シンポジウム
         「ライフスタイルデザインとバイオミメティクスの融合を探る」
    
    
   日時 2013年3月15日(金) 14:00~17:00
        会場 ベルサール八重洲
    主催・共催 モノづくり日本会議/日刊工業新聞社
      参加費 無料

    ネイチャーテクノロジー研究会では、環境・エネルギー制約などのリスクが
   最大化するとされる2030年においても心豊かに暮らせるライフスタイルを
   描くとともに、それを実現するため、バイオミメティクスを踏まえた技術開発、
   モノづくりを実践すべく取り組んでいます。今回のシンポジウムでは心豊かな
   未来社会を視野にライフスタイルのデザインとバイオミメティクスの融合について
   探ります。定員が100名と限られておりますのでお申し込みはお早めに
   お願い致します。
    →詳しくはこちら



        
MRS Fall Meetingにて石田教授が招待講演をしました


     2012年11月29日にアメリカボストンにて開催されたMRS Fall Meetingにて、
   「Channeling the Forces of Nature」という講演題目で招待講演を行いました。
   下記リンクから講演の映像がご覧いただけますので、興味のある方は
   ぜひご覧ください。
   →詳しくはこちら


       
 SEMSaTセミナー開催のお知らせ
    
    
日時 2013年1月9日(水) 18:30~20:30 開場18:15
     会場 求道会館

                                                                                                           

    ゲストに井坂智博氏をお迎えし、「観察から未来を見通すメガネ」 をテーマに
   ビジネスや政策をリードする環境経営者や政策立案者と、東北大学大学院
   環境科学研究科石田の対談型セミナーです。

    →詳しくはこちら

            


       
FMヨコハマ 「E-ne! ~good for you~」に出演しました


     2012年11月14日14時よりFMヨコハマのラジオ番組「E-ne!~good for you~」の
   エシコンのコーナーに石田研究室修士1年の藤翔子さんが生電話出演しました。
   
   ネイチャー・テクノロジーとはどのようなものか、どんな研究が進んでいるのかなど
   パーソナリティーと8分前後のやりとりをしました。
   詳しい内容については以下のリンク先をご覧ください。
   →詳しくはこちら

       
NHK サイエンスZERO 出演のおしらせ 
          『バイオミメティクス 生物が秘める超絶能力』
    
    
   放送日 2012年11月11日(日) 23:30~24:00
        再放送 2012年11月17日(土) 12:30~13:00

    NHKの番組サイエンスZEROで、女優の南沢奈央さん、サイエンス作家の
   竹内薫さん、アナウンサーの中村慶子さんがナビゲーターとなり、
   「バイオミメティクス~生物が秘める超絶能力をいかせ!~」が放映されます。
   専門家ゲストとしてできるだけ多くの方に興味を持っていただけるよう
   短い時間でしたがお話しさせていただきました。ぜひご覧ください。


      
第2回  花王 ” いっしょにecoフォーラム2012” 
           『自然に学び、モノづくりを考える』
    
    
   日時 2012年11月5日(月) 10:20~15:30
        場所 ダイワロイネットホテル和歌山

    第2回は、基調講演にバイオミメティクスの先駆者であるVincent先生を
   イギリスから招きお話をして頂きます(同時通訳)。
   また自然を基盤に工学や動物学・生物学視点からの招待講演も予定されています。
   →詳しくはこちら
         

            
   SEMSaTショートコース 
      - バックキャストという概念を使った新しい戦略策定-
    
    
   日時 2012年10月30日(火) 13:30~16:30 (開場13:00)
        場所 東北大学東京分室(サピアタワー10階、受付は3階)
        (無料)

    SEMSaTの画期的なカリキュラムの一部を体験して頂きたいと考えています。
   持続可能性の問題に自ら主体的に取り組みたい方、環境経営の新しい可能性を
   模索している方など、是非この場を活用ください。参加費は無料です。
   →詳しくはこちら


            
未来につなぐライフスタイル 
      -芸術とネイチャーテクノロジーの視点から-
    
    
   日時 2012年11月7日(土) 13:30~17:15
        場所 東京ミッドタウン

    公益財団法人花王芸術・科学財団が、公開シンポジウム
   「美しい生き方を考える」シリーズを開催いたします。
   「文」「理」の両視点を通して3回に亘り、これからの日本人の生き方を
   考えようというものです。
   第1回目は、ライフスタイルに及ぼす芸術や自然の力について考える予定です。
   →詳しくはこちら


         
未来創発フォーラム2012 -新しい可能性への挑戦-
    
    
   日時 2012年10月29日(月) 13:30~17:00
        場所 東京国際フォーラム

    震災から1年半が過ぎ、これからの日本の進路を世界が注目しています。
   日本が直面する課題を乗り越えて新たな可能性やイノベーションを生み出し、
   挑戦するためにはどうしていけばいいのかを考えたいと思っています。
   東京会場では工業デザイナーの奥山清行さんや、NRI未来創発センター
   副センター長の村田佳生さんの講演もございます。パネルディスカッションでは
   瀬名秀明さん、山口絵理子さん、村上輝康さん、松下東子さんが参加されます。
    →詳しくはこちら



        
ネイチャーテクノロジー研究会開催のおしらせ
    
    
   日時 2012年9月14日(金) 13:30~16:15
        場所 TEPIA 一般財団法人高度技術社会推進協会

    今回は「ネイチャー・テクノロジーのビジネス化への課題 I -バックキャスト
   思考によるライフスタイルからビジネスを考える-」と題して、バックキャスト思考で
   生みだされたライフスタイルの中にどのようなビジネスの種が見つけられるのか、
   今後ネイチャーテクノロジー創出に向けて何が必要なのかを第1回目のアンケート
   結果も踏まえて議論したいと思います。定員が限られておりますのでお申込は
   お早めにお願い致します。
   →詳しくはこちら


       
 本年度第1回 ネイチャーテクノロジー研究会のおしらせ
    
    
   日時 2012年7月23日(月) 13:30~16:50
        場所 TEPIA 一般財団法人高度技術社会推進協会

    本年度第1回のネイチャー・テクノロジー研究会を開催します。
    今回のテーマは『あたらしいモノづくりと暮らし方の潮流を創る』です。
    2030年のライフスタイルとバイオミメティクス(生物模倣技術)との融合を考えた
    ビジネスシステムについて考えたいと思います。
    今後は2,3か月に一度のペースで研究会を開催し、ビジネス視点での
    新しい可能性について、提案させて頂く予定です。
   →詳しくはこちら

       
 「高分子学会バイオミメティクス研究会
                          設立記念講演会」のおしらせ
    
    
   日時 2012年7月20日(金) 13:30~17:00

    「生物多様性がもたらす持続可能性社会に向けて」というテーマで講演会を
   行います。モノづくり日本会議ネイチャー・テクノロジー研究会は、高分子学会
   バイオミメティクス研究会、NPO法人アスクネイチャー・ジャパン、独立行政法人
   科学技術振興機構と共同で、7月20日に滋賀県大津市の大津市民会館で
   シンポジウム「生物多様性がもたらす持続可能性社会に向けて」を開催致します。
   バイオミメティクスのISO化検討もスタートし、自然に学ぶものつくりの新しい
   一歩になればと思っています。
   →詳しくはこちら
               



       
 NHK教育 テストの花道「東北大学キャンパスツアーPART2」
    
    
 放送日時 2012年6月25日(月) 19:25~19:55
       再放送      6月30日(土) 10:00~11:00「特盛り テストの花道」内

                       
    NHK教育テレビにて、テストの花道「東北大学キャンパスツアーPART2」
    が放送されます。東北大学の研究、授業、サークルやその他の活動など
    東北大学のみどころを紹介する番組の後編になります。
    石田も出演し、ネイチャーテクノロジーや研究室のことを高校生の皆さんに
    紹介しました。是非、ご覧ください。           

   

       
 SEMSaTショートコース開催のお知らせ
    
    
日時 2012年6月21日(木) 13:30~16:30
  
  会場 東北大学東京分室
                                                                                                            

    本年度第1回目のSEMSaT ショートコースを2012年6月21日(木)13:30~16:30
    の予定で東北大学東京分室で開催します。
    厳しい地球環境制約の中で心豊かな暮らしとそれに必要なビジネス戦略を
    バックキャスティング思考で考えるための模擬トレーニングです。
    持続可能性の問題に自ら主体的に取り組みたい方、
    環境経営の新しい可能性を模索している方など、是非この場を活用ください。

    →詳しくはこちら

            
   
       
第13回 SEMSaTセミナー開催のお知らせ
    
    
日時 2012年6月21日(木) 18:30~
      会場 東京 求道会館

        

     2012621() 1830分~東京の求道会館でSEMSaTセミナーを開催します。
    今回はゲストに 株式会社 西粟倉・森の学校 牧大介さんをお招きし
    「共感が創成する地域経済」について考えてみたいと思っています。
    どうぞご参加ください。  
    →詳しくはこちら


   
    
「ポスト3.11 変わる学問 ~気鋭大学人からの警鐘」発刊のお知らせ

        

    「ポスト311 変わる学問 ~気鋭大学人からの警鐘」が朝日新聞出版から
    発刊されました。大学人55人が3.11を契機に学問を問い直し、その大学での姿を
   書き下ろしています。

    ネイチャー・テクノロジーの新しい価値観についても書かせて頂きました。
    詳しくは以下のリンク先でご確認ください。
    →詳しくはこちら


   
   
  「90歳ヒアリングのすすめ」発刊のお知らせ


                 

      古川柳蔵教授とSEMSaT修了生の佐藤哲さん(積水ハウス)
    の共著による「90歳ヒアリングのすすめ」が
日経BP社より
     発刊されました。エネルギーの消費が現在の半分であった
     1960年頃、この時代を40代の働き盛りとして過ごしたのが現在の
     90歳代の方々です。この方たちは 「今は便利になったけど、
     昔の方が楽しかった…」とよくおっしゃいます。
      その楽しさとは一体何なのか…宮城県65人のヒアリング結果を
     まとめてみると、そこには日本人として失ってはならない至宝の言葉が
     たっぷりと隠されていました。
      そのほんの一部ですが、纏めてみたのがこの本です。
     私たちがあらゆる場面で自然と繋がり、自然に活かされていること、
     自然を活かすことに楽しみを見出していることがよくわかります。
     是非ご覧ください。
    


    クローズアップ現代3月14日放送分の内容公開のお知らせ
        

     NHKクローズアップ現代、3月14日放送の「90歳が変える未来のテクノロジー」
    の
内容が以下にて公開されています。リンク先では放送の一部もご覧になる 
    ことができます。確かな未来が懐かしい過去にあることの一端を感じて頂ければ
    幸いです。
    →詳しくはこちら



               第71回 清里エコロジーキャンプ
             自然に学ぶ! 20年後の私のライフスタイル
         ~「もの」から「こと」へ 「ほしい」から「たのしい」へ~


   日 時:2012年4月14日(土)13:30 ~ 15日(日)14:30
    

    2012年4月14日(土)~15日(日)の1泊2日の日程で、清里の自然の中で、
   自然と人との関わりをベースとした暮らし方のかたちを、ゆっくりと考える会を
   計画いただきました。2030年の厳しい環境制約の中でも、ワクワクドキドキ
   心豊かに暮らすためには何を考え、どこに心の支点を置けば良いのか、一緒に
   じっくりと考えてみたいと思っています。バックキャスト思考を基本とした
   トレーニングが中心となります。
   →詳しくはこちら 


      『ヤモリの指から不思議なテープ』 科学ジャーナリスト賞ノミネート
  

    アリス館から発刊されました『ヤモリの指から不思議なテープ』が2012年の
   科学ジャーナリスト賞にノミネートされました。ノミネート対象は12冊で5月中旬に
   最終結果が出るとのことです。

   →詳しくはこちら 



       NHK総合 クローズアップ現代 「90歳が教える未来の暮らし(仮)」
  

    放送日程 20123月14日() 19:3019:56


    314日のクローズアップ現代で、石田・古川らが考えてきた、ライフスタイルから

   考える新しいテクノロジーのかたちが放映されます。「テクノロジーは人を豊かにし

   なければならない」、この当たり前のことが達成されない結果、地球環境劣化が続い

   ています。豊かであるということは一体どういうことか、90歳ヒアリングを通して見

   えてきた、豊かなライフスタイルとは何かを取材して頂きました。環境科学研究科の

   震災復興活動、エコラボでの実験なども紹介されます。是非ご覧ください。



       『ヤモリの指から不思議なテープ』発刊のお知らせ

    「ヤモリの指から不思議なテープ」がアリス館から発刊となりました。
   松田素子さん()、 江口絵理さん()、 西澤真樹子さん(イラスト)と云う
   とても思いの強い方々との仕事でした。納得行くまで何度も研究者を訪ね、
   一つ一つのトピックスを丁寧に、丁寧に仕上げて下さり、出版まで2年を超える
   時間が掛ってしまいましたが、その分、とても素敵な本に仕上がりました。
   在庫がなくなってしまい、皆様にご不便をお掛けしていましたが、1月末に
   重版が完了しましたので、是非読んでみてください! ガウディは、「人間には
   何も創造など出来ない、すべては自然と云うとてつもない教科書の中に
   あるのだから」と云ったそうですが、あらためて、自然のすごさを考えさせられて
   います。

                  




       「第21回日本MRS学術シンポジウム」 奨励賞受賞

    石田研究室修士1年黒崎雄一さんが東京(横浜)で開催されたMRSJ
   学術シンポジウムにおいて奨励賞を受賞されました。

                


    第12回SEMSaTセミナー『意思ある社会がお金を変える』

   日 時:2012年2月7日(火) 18:30~20:30 (開場18:15)
   会 場:求道会館 (文京区)
   ゲスト: 鎌田恭幸 氏

    

    2008年、「いい会社を育てましょう」をスローガンに鎌倉投信を立ち上げた
   鎌田恭幸社長をゲストに迎え、社会とお金の関わりについて考えてみたいと
   思っています。定員が70名と限られておりますので、参加ご希望の方はお早めに
   お申し込みください。
   →詳しくはこちら (PDFファイルが開きます)


       第2回東北復興シンポジウム
                 「海やまのあいだにいきる」開催のお知らせ


         日時:2012年1月29日(月) 10:00~15:00
         会場:河北新報社 ホール (宮城県仙台市青葉区五橋一丁目2-28)


    大震災を機に時代は大きく変わろうとしています。「アスクネイチャー(自然に学ぶ)」
   という考えのもと行われるこのシンポジウムでは、川勝平太 静岡県知事、安田喜憲 
   日文研教授、山折哲雄 宗教学者、末吉竹二郎 国連環境計画金融イニシチアブ、
   坂田隆 石巻専修大学学長など、素晴らしい方々の講演も予定されております。
   この震災を正面から深く考えるいいきっかけを頂けるものと思っています。
   ぜひご参加ください。
   →詳しくはこちら (PDFファイルが開きます)


       連続セミナー「価値変革の時代をリードする『環境人材』とは?」
           企業・大学における環境人材育成のあり方
                   (共催:環境省・環境人材コンソーシアム)

   日 時:2012年1月17日(火) 13:30~17:00
   会 場:東北大学環境科学研究科 「エコラボ」会議室
    

    持続可能な社会を築くためには、企業・大学で環境と経済を理解しグリーン
   イノベーションを推進できる「環境人材」の育成が必要不可欠になっています。
   企業事例紹介を含め、環境リーダーに必要不可欠な要件と、そのような人材を
   育成するための方策について考えてみたいと思います。
   →詳しくはこちら (PDFファイルが開きます)


         JFSニュースレター エコラボ訪問記~子供たちの見た未来~

    2011年8月17日、夏休み中の子供たちが東北大学環境科学研究所「エコラボ」を
   訪問し、研究室の学生とスタッフと一緒に地球環境と自然について勉強しました。
   そのときの模様が書かれておりますので、下記リンクよりご覧ください。

   →エコラボ訪問記~子供たちの見た未来~ (→英語版はこちら


        新刊図書発刊のお知らせ

    11月下旬に新刊が2冊出ました。

              

    「未来の働き方をデザインしよう」(日刊工業新聞社)は未来の
   ワークスタイル創出にバックキャストの手法を初めて取り入れたもので、
   古川准教授とコクヨ(株)が中心となり1年近く議論したものの一部を
   本にしたものです。職場である企業を舞台とするならば、働き手はその舞台で
   舞を舞ういわば演技者であり、顧客はその舞いを見る観客です。そのように
   考えると、企業や働き手に求められるものは極めて明確になってきます。
   もちろん、ワークスタイルはライフスタイルの一部として考えなければ
   踊り手としての奥深さや価値は醸成されません。今回は50のワークスタイルを
   提案し、その社会受容性の結果までお見せすることにしました。来年は、
   その一部を具体的な形にしてみようと思っています。どんな技術やサービスが
   見えてくるのか、とても楽しみです。

    「すごい自然図鑑」(PHP研究所)は、ネイチャーテックを集めた
   『すごい自然のショールーム』の題材を再編してくださったものです。
   ショールームにはまだ入ってない話題もいくつか新規に取り入れてみました。
   イラストもたくさん使われていてきれいに仕上がっています。ぜひお手にとって
   ご覧ください。



         JFSニュースレター -自然に学ぶ技術が地球を救う

    自然に学ぶ技術の研究と普及のこれまでの歩みと、これからの可能性、
   歴史観や自然観についてお話ししました。そのときのインタビューの模様が
   書かれておりますので、下記のリンクから是非ご覧ください

   →自然に学ぶ技術が地球を救う Part.1  (→英語版はこちら
   →自然に学ぶ技術が地球を救う Part.2  (→英語版はこちら


        『日本の論点2012』 (文藝春秋社) 発刊のお知らせ

    文藝春秋社から「日本の論点2012」が発刊されました。今年は3・11の
   東日本大震災によって、日本の国のあり方が大きく問われることとなりました。
    本書では100名を超える執筆者が日本社会が抱える数々の重要課題に
   持論を展開しています。論点が明確であり、日本が直面する問題への様々な
   考えを知る手引書にもなると思います。今回、「教育と科学の使命」の部分で
   持続可能なテクノロジーとしてネイチャーテクノロジーについて書かせて
   いただきました。是非お手にとってご覧ください。


       2011 ネクスト・ネイチャー・プロダクツ 
        ~生物に学ぶ、次世代ものづくり技術展~


    日 時:2011年11月16日(水)~18日(金) 10:00~17:00
    会 場:東京ビックサイト展示場 東5・6ホール

 
    生物が持つ構造と、その構造が有する様々な機能を模倣した
   省エネルギー型のモノづくりとして次世代バイオミメティクスが注目されています。
   この展示会では次世代バイオミメティクスに関連する、ネイチャーテクノロジー、
   ロボット等に関する研究成果や製品の展示コーナーを設け、技術紹介や
   技術交流促進を図るものです。石田研究室も参加しますので、是非、多くの
   皆様の来場をお待ちしております。なお、来場事前登録をしていただきますと
   入場登録料1000円が無料となりますのでそちらもご活用ください。
   →詳しくはこちら


      『ツタグラ - 伝わるINFOGRAPHICS』オープンのお知らせ

    経済産業省の投稿サイト、「ツタグラ - 伝わるINFOGRAPHICS」が
   オープンしました。ツタグラは日本取り巻く様々な問題をインフォグラフィクス化し、
   わかりやすく伝えていくことを目指しています。今回のお題は、「私たちが
   新しい問題認識としてとらえている『エコ・ジレンマ』を表現してください」です。
   皆様から素敵なアイデアをいただけるのを楽しみにしています。
   →詳しくはこちら


       SEMSaTショートコース 『社会変化を伴う新しい経営視点とは?
      -ライフスタイルを基盤にした価値創造の可能性-』


    日 時:2011年11月17日(木) 15:00~18:00 (開場14:30)
    会 場:東北大学東京分室 (サピアタワー10階,受付は3階)

 
    SEMSaTショートコースを開催します。環境制約下における企業経営や
   ものつくりのかたち、環境問題解決へのビジネスソリューションなどについて
   レクチャーします。今回は特にバックキャスト思考による問題解決手法について
   簡単な演習を含め考える予定です。持続可能性の問題に自ら主体的に取り
   組みたい方、環境経営の新しい可能性を模索している方など、是非この場を
   活用ください。
   →詳しくはこちら


        BS12 「未来への教科書-For Our Children-」出演のお知らせ

    放映日時:2011/10/1(土) 27:00-28:00  (10/2 3:00-4:00)
      再放送:2011/10/8(土) 27:00-28:00  (10/9 3:00-4:00)      
  

    未来への教科書-For Our Children-(BS12)にて、ライフスタイルをテーマに
   新しい暮らしのかたちについてお話させていただきました。興味のある方は
   ぜひご覧ください。
   →詳しくはこちら


       時論公論(NHK)出演のお知らせ

    放映日時:2011/09/19(月)敬老の日 23:50-0:00

    時論公論』(NHK)で石田と古川先生の仕事、「90歳ヒアリング」の研究活動が
   紹介されます。90歳程度の高齢者から、自然と共生していた戦前の暮らしを聞き
   (主に宮城県の事例)、低環境負荷なライフスタイル・デザインや商品開発、まち
   づ くり、スマートシティなどに応用する方法や事例が紹介されますので、興味のあ
   る方は是非ご覧ください。  


       『自然に学ぶ!ネイチャー・テクノロジー』発刊のお知らせ

    「自然に学ぶ!ネイチャー・テクノロジー」が学研(Gakken Mook)から9月9日
   に発刊 されました。ネイチャー・テクノロジーの卵たち115種の自然に学ぶ
   新素材・新技術を全てカラーで解説した変A4の大型本です。私達が運営している
   「自然のすごい ショールーム」(http://www.nature-sugoi.net/)から、既に素材や
   技術として使われていたり、その検討が進められているものだけを集めて、改めて
   整理しなおし たも のです。自然のドアをノックすると驚くようなテクノロジーがそこに
   見えてきま す、ほんの一部ですが、是非それを感じて頂ければと思っています。
    石田秀輝・下村正嗣監修 1600円

                  


       『ネイチャー・テクノロジー研究会(モノづくり推進会議)』のお知らせ

   日 時:2011年9月15日(木) 15:00~17:00
   会 場:如水会館 ペガサス
    

    東日本大震災が発生し、新しいものづくりやライフスタイルをどのように
   興さねばならないのかが問われています。我慢しないで心豊かに暮らすとは
   どういうことなのか、改めて考えてみる必要があります。前回の研究会では、
   多くの日本人が潜在的に自然や楽しみを求めていることをお話しました。
   では、その楽しみの構造は何なのか?いくつかのアプローチの結果を一緒に
   考えてみたいと思います。定員が70名と限られておりますので、申込みは
   お早めにお願いします。
   →詳しくはこちら


      『情報満載ライブショー モーニングバード!』出演

   日 時:2011年8月1日(月) テレビ朝日系列 8:00~9:55  

    「情報満載ライブショー モーニングバード!」内のコーナー「アカデミヨシズミ」
   に石田先生が出演します。自然のすごさを賢く活かすネイチャーテクノロジーに
   ついてお話ししますので、是非ご覧ください。


      『Green TV 復興支援メディア隊のチャンネル』オープンのお知らせ

    GreenTVでは東日本大震災の復興に関わっている多くの方のインタビュー映像を
   ご紹介いただいております。環境情報を中心に広く世界へ発信するグローバルメディア
   です。石田先生が新しい暮らしのかたちや、テクノロジーのあり方についてについて
   お話ししています。是非ご覧ください。
   →詳しくはこちら


      第3回 沖永良部シンポジウム 
    『今残しておきたいこと』 『なまからむ、ぬこちゅきぶしゅぬくとぅ』

                     ~懐かしい未来をつくる沖永良部の心~
           (サステナブル・ソリューションズ 小さな渦を育てる杜)

    日 時:2011年  8月2日(水)  前夜祭 
              8月3日(木)  13:00~22:00 シンポジウム
              8月4日(金)  海と洞窟を探検するエコツアー

    

    沖永良部島には自然や人、人と人のつながりが色濃く残され、そこには、
   発散せず、内なるものに和合する、生きるための遊びの心、エンターテインメントを
   最も重要な価値観とする概念が浮かびあがってきています。私たちが心豊かな
   ライフスタイルやそれに必要なテクノロジーのパラダイムシフトを興すときに、
   きらきら光る日本人の心が作り出す生の記憶の結晶が当たり前にある
   沖永良部島から、新しい暮らしのかたちを考え、何を残していかなければ
   いけないのかを考えていきます。
   →詳しくはこちら


    サイエンスデイアワード2011 エミール賞授与 

     7月10日に東北大学川内キャンパスで開催された「サイエンスデイ2011」に
    おいて、「社会生活から読む近代日本史~歴史も科学だ!~ 加藤諭(東北
    大学文学研究科日本史研究室)」がエミール賞を受賞されました。科学は科
    学、歴史は歴史と捉えがちですが、この講座では両者に深い関係があること
    を社会生活の変化を通して教えてくれました。
   →詳しくはこちら


     第5回ものづくり生命文明セミナー  『東日本大震災』
        生の記憶を基盤としたものつくりと暮しのパラダイムシフトに向けて
                      (NPO法人ものづくり生命文明機構)

   日 時:2011年7月15日(金) 19:00
   会 場:にっぽんの…(東京都千代田区丸の内3-1-1国際ビル地下1階)
    

    東日本大震災で被災した経験を踏まえて、石田先生がこの震災で見えた
   きらきら輝く生の記憶と、それに基づいた新しい暮らしのかたちについて講演
   します。定員に限りがあり、先着40名までとさせていただきます。
   →詳しくはこちら (PDFファイルが開きます)


     『ネイチャー・テクノロジー研究会(モノづくり推進会議)』のお知らせ

   日 時:2011年7月15日(金) 15:00~17:00
   会 場:如水会館 ペガサス
    

    今回の震災は、限られたエネルギーや資源でいかに心豊かに暮らすのか、
   まさに今後ますます厳しくなる地球環境問題に向き合う術をあらためて問われて
   います。 今、あたらしいモノづくりやライフスタイルへのパラダイムシフトを興さねば
   ならないのであるものの、そのためには、今何をしなければならないのか、講演と
   ディスカッションを通して改めて考えてみます。定員が70名と限られていますので、
   申込みはお早めにお願いします。
   →詳しくはこちら


     第11回SEMSaTセミナー『地域で支えあう農・漁と食』

   日 時:2011年7月14日(木) 18:30~20:30 (開場18:15)
   会 場:求道会館 (東京本郷)
   ゲスト: 結城登美雄 氏

    

    15年にわたり東北の農村漁村をフィールドワークしながら、住民を主体にした
   地域づくりの手法「地元学」を提唱なさっている結城登美雄氏と、石田先生との
   対談型セミナーを開催します。定員70名となっておりますので、興味のある方は
   お早めにお申込ください。
   →詳しくはこちら


     SEMSaTショートコース『社会変化を伴う新しい経営視点とは?』
         ~ライフスタイルを基盤にした価値創造の可能性~

   日 時:2011年7月13日(水) 15:00~18:00 (開場14:30)
   会 場:東北大学東京分室 (サピアタワー10階,受付は3階)
    

    SEMSaTショートコース(社会変化を伴う新しい経営視点とは?-ライフスタイルを
   基盤にした価値創造の可能性)を開催いたします。環境制約下における企業経営や
   ものつくりのかたち、環境問題解決へのビジネスソリューションなどについて
   レクチャーします。持続可能性の問題に自ら主体的に取り組みたい方、環境経営の
   新しい可能性を模索している方など、是非この場を活用ください。
   →詳しくはこちら


     『「東日本大震災」生の記憶を基盤としたパラダイムシ フ トに向けて』
      第118回本田財団懇談会

   日 時:2011年7月5日(火) 18:00~
   会 場:東京會舘
    

    国内での交流の場として、本田財団では「懇談会」を年に4回、
   開催しています。毎回、科学技術者や、他の分野の学識者に講演を
   行っていただき、その後の懇談会では参加者と自由に語り合うこともでき、
   いわば”知的交流サロン”の役割を果たす催しです。当初は20名程度の
   出席者だったのが、近年は120~150名にまで拡大し、会場にはいつも
   知的興奮が漂う催しとなっています。
   →詳しくはこちら



       『東日本大震災から学ぶライフスタイル』
         ~石田研究室の学生が考える震災~

    東日本大震災は人々の生活に多大な影響を与えただけでなく、これまでの
   ライフスタイルを改めて見直す機会を与えてくれました。その中で石田研究室の
   学生らは、今回の震災を自分たちなりに調査して、我慢することなく地球に掛ける
   負荷を減らし、さらに心豊かに暮らせるライフスタイルを描いてみました。
   それこそが、新しいライフスタイルのパラダイムシフトだと考えているからです。
   これからさらに、描いたライフスタイルに求められるパラダイムシフトを伴う
   テクノロジーのかたちを具体化して行きたいとも思っています。

        
       
   →全スライドのダウンロード

    現在、この資料をご覧になった方々からのご意見・ご感想を募集しています。
   このスライドを観て思った事・感じた事・「こんなライフスタイルはどうだろう??」などの
   提案等々、たくさんのご意見をお待ちしております。
   宛先はこちら→yuichi.kurosaki@ehtp.kankyo.tohoku.ac.jp


       『東日本大震災に関する石田先生へのインタビュー(第2弾)』

   東日本大震災復興メディア隊による石田先生へのインタビュー記事第2弾が
  you-tube に掲載されました。ライフ・スタイルのパラダイムシフトに関わる
  具体的なアク ションやライフ・スタイルの本質についても言及しています。
  第1弾もあわせて、是非ご覧ください。

  東北大学大学院 石田教授~出版~ in 仙台
  http://youtu.be/mwB5EY2N_9E

  石田教授・千葉さん・櫻井さん in 仙台
  http://youtu.be/zczkjSrZ2d8

  石田教授~食の原点【東北】 in 仙台
  http://youtu.be/nQ4wtplic7M

  (第1弾)
  ライフ・スタイルのパラダイムシフトを伴う復興の重要性を提言しています。
  新しい暮らし方、テクノロジーのかたちを今こそ
  考えるべき時ではないのでしょうか。

  東北大学大学院 石田教授 1 in 宮城
  http://www.youtube.com/watch?v=uu68bpFSWoo

  東北大学大学院 石田教授 2 〜ものづくり in 宮城
  http://www.youtube.com/watch?v=yW1pJ_2NvWY

  東北大学大学院 石田教授 3 〜世界へ in 宮城
  http://www.youtube.com/watch?v=CoRbdevOVL0

  (英語字幕版)
  http://www.youtube.com/watch?v=QtN6Z1wUzl8


   『ロハストーク

   日 時:2011年4月25日~29日 毎日20:40
   放 送 局:ラジオ3(76.2MHz 青葉区、若林区、宮城野区など仙台エリア中心)
         FMいずみ(79.7MHz 泉区、青葉区、宮城野区、大和町、富谷町など)

    「ロハストーク」(J-WAVE)に石田先生が出演します。東日本大震災後の
   復興の中で見つけた、きらきら光る記憶の結晶について、小黒一三さんと対談します。
   ぜひお聞きください。


   『クエスタ総集編』出演

  日 時:2011年4月14日(木) NHK総合 20:00~20:43  
    「クエスタ総集編」(NHK)に石田先生が出演します。自然のすごさを賢く活かす
   新し いテクノロジーについてお話しします。是非ご覧ください。


   『第5回ものづくり生命文明セミナー』のお知らせ

   日 時:2011年3月29日(火) 19:00~
   会 場:東京有楽町国際ビルB1
    『あたら しい暮らし方のかたち -21世紀型ライフスタイルを考えるー』
   を開催します。 定員40名限定です、興味のある方はお早めに申し込みください。
   →詳しくはこちら


   『飛び出せ科学くん』出演

   日 時:2011年3月12日(土) 19:00~20:00
    TBS系全国放送の「飛び出せ科学くん」に、石田先生が火山研究者
   の巽先生と一緒に出演します。自然のすごさを賢く活かすものつくりの
   一端をお話しします。ぜひご視聴ください。


   『SEMSaT(環境政策技術マネジメント)ショートコース』の開催

   日 時:2010年12月22日(水) 15:00~18:00(開場14:30)
   会 場:東北大学東京分室 (サピアタワー10階,受付は3階)

    SEMSaTショートコース「社会変化を伴う新しい経営視点とは?-ライフスタイルを
   基盤にした価値創造の可能性-」を開催します。地球環境問題の本質を考え、
   それを戦略や政策に反映させるための基本的な考え方と、バックキャスティング
   による手法の一部を体験して頂きます。 持続可能性の問題に自ら主体的に
   取り組みたい方、環境経営の新しい可能性を模索している方など、
   是非この場を活用ください。
   →詳しくはこちら


   『ネイチャーテクノロジー研究会』の開催

   日 時:2010年12月14日(火) 14:00~16:00(開場13:30)
   会 場:東京上野国立科学博物館

    上野国立科学博物館で来年2月まで開催されている「ネイチャー・テクノロジーと
    ライフスタイル展」を石田が御案内しながら、新しいものつくりと暮らしかたのかたちを
   皆様と一緒に考える研究会です。今回の定員は説明の都合上30名とさせて頂きます。
   →詳しくはこちら


   『「夢の扉」(TBS系全国放送)~ライフスタイルから地球環境問題
      を考える、ネイチャー・テクノロジー~』


   日 時:2010年12月12日(日) 18:30-19:00
   「夢の扉」(TBS系全国放送)で、~ライフスタイルから地球環境問題を考える、
   ネイチャー・テクノロジー~が放映されます。 新しいものつくりと、暮らし方のかたち
   を考えるテクノロジーの在り方の一つであるネイチャー・テクノロジーと、それに
   どのように向き合うのかを含めた構成になっております。
    上野の国立科学博物館で開催中の「ネイチャー・テクノロジーとライフスタイル展」
   と合せて御覧頂ければ幸いです。


   新刊のご案内
      『キミが大人になる頃に。 環境も人も豊かにする暮らしのかたち』
      『Channeling the Forces of Nature - Saving the World as
       We Know It-」 Tohoku Univ. Press』
      
   2010年10月に2冊の本が出版されましたのでご案内いたします。

「キミが大人になる頃に。 環境も人も豊かにする暮らしのかたち」
日刊工業新聞社 (1400円)

 エコ・ジレンマ(努力してもなかなか報われない環境問題)の構造
から、ライフスタイルを考えることが大変重要であることが明らかに
なりました。しかし、それは、今を基準にこれからの暮らしを考える
フォアキャステイングではなく、2030年の1つの地球から今を考
える、バックキャスティングという手法を使うことで「新しい暮らしの
かたち」を考えてみる初めての挑戦です。本の中には、バックキャス
ティングで考えた22のライフスタイルとその創出手法が詳細に展開
されています。


「Channeling the Forces of Nature - Saving the World as
 We Know It-」 Tohoku Univ. Press (3150円)

 2009年度のベストセラー賞にもノミネ―トされた「自然に学ぶ粋な
テクノロジ ー」 (化学同人)に加筆し、英文化したものです。
地球環境問題の本質は何かについて考え、それに貢献できる
新しいテクノロジーのかたちとはいったいどのようなものかを文化と
文明の視点で考え、自然のすごさを賢く活かす新しいテクノロジー
観である、ネイチャーテクノロジーへの期待と具体的な展開の
可能性について纏めたものです。



   『エコで粋?!自然に学ぶネイチャーテクノロジーとライフスタイル展
   
   日 時:2010年10月26日(火)~2011年2月6日(日)
   会 場:上野国立科学博物館

    100のネイチャーテクノロジーとライフスタイルを展示し、多くの方々に
   「新しい暮らし方とものつくりのか・た・ち」を見ていただき、地球環境を
   基盤にしたワクワクドキドキする世界のあることを実感して頂きたいと
   思っています。是非お越し下さい!
   →詳しくはこちら



   『エコ で 粋?!自然に学ぶネイチャー・テクノロジーと
              ライフスタイル展に関するプレスリリース』


    国立科学博物館(東京・上野公園)では,平成22年10月26日(火)から平成23年
   2月6日(日)まで,企画展「エコで粋!?自然に学ぶネイチャーテクノロジーとライフス
   タイル展-‘ものつくり‘と‘くらし‘のあたらしいか・た・ち-」を開催いたします。
    プレスリリースが公開されましたのでご覧ください。
   →プレスリリース   



   『石田秀輝×坂本龍一、明日への対話』

    石田先生と坂本龍一さんとの対談が、コクヨ・グループHPにアップされました。
   エコロジーにクリエイティブをプラスしたとき、そこに何が生まれるのか。
   我慢することが主流だったエコロジーから創造性あるエコロジーへの転換を探ります。
   →詳しくはこちら



「人にとっての地球環境問題とは何なのか?」
「地球環境問題どうしては起こったのだろうか?」
「テクノロジーはこの問題に貢献できるのだろうか?」
「貢献できるとすればそれはどんなテクノロジーなのだろうか?」
「そのテクノロジーは、生きることを楽しんで暮らすという人間の本質にも貢献できるのだろうか?」


・・・・その答えは、江戸の粋の文化をテクノロジーに写すこと、
テクノロジーに自然観を取り戻すことではないかと思っています。

そして、そのようなテクノロジーを
「ネイチャー・テクノロジー」
と呼ぶことにしました。

(DOJIN選書 化学同人 229ページ)